ビジネス名刺を自分で作るにしても、業者に依頼するにしても、まず考えるべきことはそこに印刷をする要素についてです。たくさんの情報を記載してしまうと字が小さくてごちゃごちゃしてしまうでしょう。それはあまり名刺として良い印象を与えません。

情報基本的には会社名と役職名、そして自分の名前は必ず載せることになるでしょう。さらに電話番号や住所、メールアドレスといった連絡先も必要です。会社のロゴがあるならば、それも入れておきましょう。

これら以外の項目としては、たとえば会社のホームページのURLを乗せたり、ファックス番号を載せておくというケースもあるでしょう。表面を日本語にして、裏面は英語で記載するというパターンもあります。

本当に重要な情報は何かをきちんと考えておきましょう。記載した方が良いと思う情報についてどんどん書き出してみるのです。そして、実際にその中からどの要素を名刺に載せることにするのか考えていきましょう。名刺というのはかなりスペースが限られています。小さいものであり、何でもかんでも情報を載せるわけにはいかないのです。そのため、記載内容についてしっかりと吟味をしましょう。読む人の気持ちになることが大切です。そのためにふりがなをつけてみたり、アクセス情報を載せるという工夫も必要な場合があるでしょう。